タイトル
スポンサーリンク

龍が如く5 MAP付き攻略ページ > 宗介 - 師匠

宗介の修行について

  • 桐生編第一章の後半から宗介の修行ができるようになる

  • 筑前川通り南の空き地にいる宗介に話しかけると修行ができる

  • 修行バトルではヒートアクションが使用できない
    • ヒートアクションは使えないが、怒龍の気位(ヒートを溜めてR2)は使える

  • 戦闘では、最初の修行で覚えられる古牧流 弾き返しが有効
    • L1を押しっぱなしにして、敵の攻撃をガード→△を繰り返すだけでも勝てる
    • 弾き返し→投げ(○)→ダウン攻撃(倒れている敵の近くで△)も有効

  • 宗介は修行回数が増えるほど体力ゲージも増えていく
    • 1回目:体力ゲージ1本
    • 2回目:体力ゲージ1.5本
    • 3回目:体力ゲージ2本
    • 4回目:体力ゲージ2本
    • 5回目:体力ゲージ2本

  • どうしても勝てないときは・・・
    • いのり薬局に行き、ヒートが回復するアイテム(スタミナン系かタウリナー系)を購入し、「アイテムでヒート回復→怒龍の気位→○ボタンで投げる→倒れている敵を△で攻撃→○で投げる→△で攻撃→怒龍が切れたらアイテムでヒート回復」を繰り返す

  • 5つの修行が全て終わるとコンプリート
    • コンプリート特典はプラチナ定規

宗介の修行で覚えられる技

修行名覚えられる技説明発動方法
疾風の巻古牧流 弾き返しガードしている状態から敵を弾き飛ばし、反撃のチャンスを作り出すことができるガード中に△
陽炎の巻古牧流 捌き打ち敵の攻撃をスウェイで回避しながら、同時に攻撃を行うことができるスウェイ中に△
流水の巻古牧流 受け流し敵の攻撃を受け流して無効化しつつ気絶させる。強敵は気絶しないこともある構えている状態で敵の攻撃が当たる直前に○
虎穴の巻古牧流 虎落とし敵が攻撃に転じる一瞬の隙をついた強烈なカウンター攻撃構えている状態で敵の攻撃が当たる直前に△
究極の巻究極の極みクライマックスヒート
極限状態から繰り出す究極の逆転必殺技。クライマックスゲージMAX時のみ発動可能
体力赤点滅状態で構えて△
※R1押しっぱなしで構える
イベント酔鉄山の極みクライマックスヒート
一撃の体当たりに込めた必殺の大技。クライマックスゲージMAX時のみ発動可能
酔い状態で構えて△
※R1押しっぱなしで構える


イベント

酔鉄山の極みを覚えるイベント

「古牧流 受け流し」を覚えた後、宗介が落ち込んで修行ができなくなる

店などに入って画面を切り替えた後、空き地に戻ってみると、宗介がいなくなっている

永洲大通りの永洲ナイトナビの近くにいる宗介に話しかけると、クライマックスヒート 酔鉄山の極みを覚える

その後、再び空き地で修行ができるようになる

修行後のイベント

全ての修行を終えた後、店などに入って画面を切り替えてから、もう一度宗介に会いにいく

神室町に行くための資金として3万円を渡す

宗介が空き地からいなくなる

ここから先のイベントは最終章の神室町で発生する

操作キャラクターを桐生にして、神室町にある龍宮城の前まで行くと、宗助が中に入っていくイベントが発生する

龍宮城のエレベーターを調べて、「道場に行く」を選択する

道場の奥にいる宗介に話しかけると、自動的にイベントが進み、一旦龍宮城を出ることになる

その場を一旦離れ(神室町ヒルズの入り口付近まで行けばOK)、しばらく外を歩き、再び龍宮城のエレベーターを調べて、「道場に行く」を選択する

道場の中にいる古牧に話しかける

一旦道場を出て、しばらく外を歩いてから(神室町ヒルズの入り口付近まで行けばOK)再び道場の中に入ると、宗介がいるので話しかける

古牧流 虎落とし 極を覚える

古牧のところで限界突破の修行が受けられるようになる

さらに宗介に話しかけると、以前貸したお金を返してもらえる









管理用(ログイン/ 新規/ 編集/ 編集(GUI)/ 名前変更/ メニュー